海外サーバーのメリットとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

まずは姿々なドメインを運営で、データーベースも複数使えるという点があげられます。また姿々な運営をするなかで便利なMovabletypeやWordpressをインストールすることが出来る上に、月に3~10ドル位の非いつも破格な料金であることと共に初期費用が無料であるというところが大きいと思います。

国内のものですと最近は月の使用料金が大変リーズナブルなところも少しづつ出てきてはいるのだれけれど、この初期費用にかかってしまう料金が高めの料金だったりしてしまうので、何としても外界を選ぶ人が多くいるようです。またプロバイダーのホームページスペースを利用されている方もいらっしゃいますが、趣味で冗談抜きで簡単なサイトをつくるという程度でしたらそちらでも問題はないと思いますが、それ以外のサイトを作る場合、まず容量が少なく独自ドメインの利用ができません。

さらにサブドメインの使用も出来ずMovableTypeやWordPressのようなCMSを使うことが出来ません。また広告や商用が厳禁されていますので、何かと使用に制限がでてきてしまいます。なのでその姿なことをふまえて考えると外界の料金の安いサーバーを使用することが何よりもベターとかんがえられるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


海外レンタルサーバーランキング


新着記事

  1. 2018.05.15 | コラム

    無料SSL証明書で誰でも簡単に常時SSL化ができる!
  2. 2015.03.05 | 初心者メニュー

    FUTOKA vs フレンドサーバー アダルト可サーバーの勝者は?
  3. 2014.08.07 | 裏技

    匿名ドメイン登録・サーバー登録で個人情報を隠してサイト運営したい。
  4. 2014.03.21 | 初心者メニュー

    「無制限」の落とし穴
  5. 2014.03.01 | friendserver

    FriendServer(フレンドサーバー)のレビューと評価
  6. 2013.03.25 | コラム

    どんどん上がる海外サーバーのスペック
  7. 2011.06.09 | コラム

    夢を思い起こす質問
  8. 2011.06.08 | コラム

    欲求や欲望に流されない自制心を養うためのコツ
  9. 2011.06.07 | コラム

    自信を持てない人が自信をつくることが出来るきっかけ
  10. 2011.06.06 | コラム

    自己催眠で自我の強化を