共用レンタルサーバー・専用レンタルサーバー・VPSレンタルサーバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Webマーケティングに活用することが出来るレンタルサーバーは、共用レンタルサーバー 専用レンタルサーバー VPSレンタルサーバーの3つに分類することができ、月並み的には、共有レンタルサーバーを使用する人が多くいるのです。

これは初心者の方からWebオーナーさんまで幅広く利用者がいて、初期費用などのコストを抑えることができるのです。

専用レンタルサーバーになると金額が毎月高くなってきてしまいます。その間を取ってVPSレンタルサーバーを選ぶ人もいらっしゃいますが、大半はやはり共有レンタルサーバーを利用する人が多いようです。

契約の際に確認をしておきたいところは、まず月額の使用料金が非常に安くても初期費用が高かったりする場合がありますので、どちらもきちんと確認をして計算してみるといいでしょう。多少月額の使用量が高くてもその分容量やサービスが良く、初期費用がかからない。もしくは格安といったところもあるのでしっかりと吟味してみるといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


海外レンタルサーバーランキング


新着記事

  1. 2018.05.15 | コラム

    無料SSL証明書で誰でも簡単に常時SSL化ができる!
  2. 2015.03.05 | 初心者メニュー

    FUTOKA vs フレンドサーバー アダルト可サーバーの勝者は?
  3. 2014.08.07 | 裏技

    匿名ドメイン登録・サーバー登録で個人情報を隠してサイト運営したい。
  4. 2014.03.21 | 初心者メニュー

    「無制限」の落とし穴
  5. 2014.03.01 | friendserver

    FriendServer(フレンドサーバー)のレビューと評価
  6. 2013.03.25 | コラム

    どんどん上がる海外サーバーのスペック
  7. 2011.06.09 | コラム

    夢を思い起こす質問
  8. 2011.06.08 | コラム

    欲求や欲望に流されない自制心を養うためのコツ
  9. 2011.06.07 | コラム

    自信を持てない人が自信をつくることが出来るきっかけ
  10. 2011.06.06 | コラム

    自己催眠で自我の強化を