集中的訓練を取り入れて目標に向けてレベルを押し上げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

天才的な才能を生み出すのに必要な時間は、マルコム・グラッドウェルが紹介したように10000時間と言われています。10000時間実践していれば、その能力はとても上達したものになります。しかしあとになればなるほど時間あたりに得られる経験値は少なくなっていってしまいます。天才といわれるレベルにまでになりたいのなら、ただ10000時間実践するのではなく、さらに絞り込んだ訓練が必要ということです。

Study Hacksで紹介されたDeliberate Practice(集中的訓練 DP)という考え方についてまとめてある記事をご紹介したいと思います。

DP(集中的訓練)という考え方は、その10000時間を何に費やすか?という中身を問いかけたものになっています。膨大な練習によってスキルを生み出すことは知られています。しかし本当に差を生み出しているのはどんな活動なのかを問いただしています。

2005年にAnders Ericsson氏は大勢のチェス選手を調査し、認知心理学の論文を発表しました。それによると、グランドマスターに到達する選手は競技生活の最初の10年のうち、およそ5000時間を過去の試合の研究に費やしているということが報告されているといいます。他のプロ選手の数倍にもあたるこの研究についやす時間が差を生み出していることがわかります。

このような差を生み出すDP的な訓練に必要な要素は、ただできるようになるのではなく活動自体がより高いレベルを目指していることが重要です。パフォーマンスをいかに向上させていくことが出来るように設計されているのです。

また、一回できれば終わりではなく、何度も繰り返し行い何度も同じレベルに到達することを要求していきます。発信するだけではなく、周囲からパフォーマンスに対する評価や批判を常にインプットし、フィードバックさせていきます。

習熟のための練習ではなく、集中力を高めるよりプレッシャーを伴うようにするため試合や本番、試験といった精神的に大きなプレッシャーを課すようにします。すでに知っていることを繰り返すのではなく、知らない領域を埋めるように難易度の高い学習を構築していきます。

目標に到達することを目的にするのではなく、その目標達成までの道のり自体が実地での訓練であり報酬であるという位置づけをおこなうようにします。

スポーツなどの競技は勝ち負けがはっきりしてることもあり、難易度の設定を細かくチューニングすることが出来ます。普段の仕事に何をどうとりえれて実践していけばよいのか?それを意識して取り込むことにより、自分自身のスキルを上げ、その仕事でのスペシャルストに近づいていく事ができるのだと思います。

計画と研究、そして日々自分への課題が、より自分を目標に向けて形付けていくのだとおもいます。

引用元記事(Lifehacking.jp):

「自分の仕事において何が『普通な人』と『卓抜した人』を分けているのだろうか?」「その『違い』を DP 的に繰り返しおこなうことができる活動にできないだろうか?」こうした問いかけによって、あるいは「次のレベル」に到達する扉の鍵が手に入るかもしれません。

引用元URL:
あなたを次のレベルに押し上げる「集中的訓練」の方法 | Lifehacking.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


海外レンタルサーバーランキング


新着記事

  1. 2018.05.15 | コラム

    無料SSL証明書で誰でも簡単に常時SSL化ができる!
  2. 2015.03.05 | 初心者メニュー

    FUTOKA vs フレンドサーバー アダルト可サーバーの勝者は?
  3. 2014.08.07 | 裏技

    匿名ドメイン登録・サーバー登録で個人情報を隠してサイト運営したい。
  4. 2014.03.21 | 初心者メニュー

    「無制限」の落とし穴
  5. 2014.03.01 | friendserver

    FriendServer(フレンドサーバー)のレビューと評価
  6. 2013.03.25 | コラム

    どんどん上がる海外サーバーのスペック
  7. 2011.06.09 | コラム

    夢を思い起こす質問
  8. 2011.06.08 | コラム

    欲求や欲望に流されない自制心を養うためのコツ
  9. 2011.06.07 | コラム

    自信を持てない人が自信をつくることが出来るきっかけ
  10. 2011.06.06 | コラム

    自己催眠で自我の強化を