自己実現の為の大人になってからの勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

社会に出てからの勉強というものは自己実現を目指す上でともて重要です。そこで大人になってから勉強する際の心構えについて、大変興味深い記事がありましたので、ご紹介したいと思います。

現在までに踏み込んだことのない分野を勉強する際には、どこから何を始めればいいのか分からないですし、限られた時間を有効に利用したいと考えることでしょう。その様なときには、まず初心者レベルの本や記事を斜め読みしてテーマの全体像をイメージすると良いでしょう。そこでどこから攻めていくかを判断し、自分が何を集中的に学ぶかを把握します。

次に、その分野の基本となる原点の論文などを読んだり、本人の話を聞いたりします。勉強したいターゲットを絞り込み、その分野を上流と下流両方から攻めることで効率的にその分野の知識を得ることが出来ます。

勉強で肝心なのは、知識のインプットとアウトプットを並行して行っていくことです。得た知識を書くことや話すことによって、自分が本当に理解できているかを確認します。そうすることにより、情報を整理し、自分の盲点を明確にすることが出来ます。調べる・書く・話すのサイクルを作り、繰り返ことにより、知識をいっそう高めて自分のものへとする事ができていきます。

勉強をするための本選びに迷ったら、ベストセラーよりロングセラーを選びましょう。ロングセラーは、時間を超えて支持され生き残ってきたものであり、根本的な概論を示す普遍的良書」ということになります。

勉強を続けていくうちにのめり込みすぎて煮詰まってしまうことがあります。そのようなときは、脳が分散した状態にするといいでしょう。他の事で息抜きをして、集中と分散でメリハリをつけることにより学習効率がアップします。また、睡眠不足「記憶の定着に大きく影響しますので、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。

自分ひとりでは何かと限界があります。知識を自分のものにするためには、重要な情報源として周囲の人々の力を借りるべきでしょう。学んだことについて周囲と意見を交換することで、さらに理解が深まり、知識をさらに補う事ができ、次の目標が見えてきます。

人脈を作ることは広く情報を収集するのにとても重要だということです。

尊敬できる人材と共に働ける環境にあるということは、彼らのノウハウをあますことなく吸収できるのでとても幸せなことです。尊敬できる人物から学ぶ上でも参考になるのは、自分にとって困ったことを相手に相談した時です。結論もさることながら、相手が自分に対して「何を質問し、何を基準に判断したか」という、物事を考え答えを導き出す上で重要な思考のプロセスに注目すると良いでしょう。

学びの中で、最も学習の妨げになるのはプライドです。自分に固執することによって消化不良になってしまいます。「聞くは一時(いっとき)の恥、聞かぬは一生の恥」のことわざどおり、知ったかぶりは、知らないことより恥ずかしく、知る機会を自ら潰してしまうことになってしまいます。知ったかぶりより知らないかぶりを謙虚にすることによって、知らないことを教えてもらい、より深い人の知見に触れる方がずっと価値があります。

結論に至るまでのプロセスを構築することが勉強になります。結果のみにこだわり、原因やプロセスを後付けしてしまうと、時間を無駄にしてしまう上に、同じ失敗を繰り返してしまいます。同じ失敗をしないためには起こった過去を分析してそこから学ぶことことが、最も勉強で大切です。

脳は飽きやすい三日坊主の特質をしているといいます。これを解決するためには脳をだます」ということを行います。カラダを動かすこと、いつもと違うことをすること、ご褒美を与えること、なりきることだといいます。この4つを使い分け、趣味や人との交流などを通じて、仕事や勉強にも弾みをつけてモチベーションを維持していくことが出来ます。

勉強する際、その実行に必要なのは自分をマネジメントする仕組みになります。計画表通りに進まずに壁が立ちふさがることもあるともいます。これはやることが具体的でないために計画倒れになっていたり、計画自体が間違っている可能性もありえます。ですので、突っ走るだけでなく振り返りのために時間を確保して、しっかりと計画自体を見直すことが肝心です。

勉強で辛い時は原点に立ち戻り、知りたい気持ちを思い出すようにしましょう。1日のうちの少しの時間でもいいので、途中であきらめずに勉強を続けることが肝心です。時間がないということを言い訳にせずに、しっかりと計画をして無理なく持続していきましょう。その先にはきっと自分の目標である自己実現をした光り輝く自分自身が待っていることでしょう。

引用元記事(ZDNet Japan):

世の中、勉強会流行りだ。そこに集う人たちは、何かを見つけ、自分をさらに高めようと活動しているのだろう。勉強は問題解決のためであり、目標実現のためであったりする。学生の時以上に、社会に出てからの勉強は自己実現を目指す上でも大切だ。仕事の中で、あるいは仕事以外の日常の中で、どのように勉強するかで「仕事力」にも差がついてくる。そしてそれは、長い時間をかけて生き方の差にもつながっていくのだと思う。そこで、本稿では、体験も含めて、大人になってから勉強するときの心構えついて考えてみた。

引用元URL:
仕事力に差がつく大人になってからの「勉強法」–10の心得 – ZDNet Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


海外レンタルサーバーランキング


新着記事

  1. 2018.05.15 | コラム

    無料SSL証明書で誰でも簡単に常時SSL化ができる!
  2. 2015.03.05 | 初心者メニュー

    FUTOKA vs フレンドサーバー アダルト可サーバーの勝者は?
  3. 2014.08.07 | 裏技

    匿名ドメイン登録・サーバー登録で個人情報を隠してサイト運営したい。
  4. 2014.03.21 | 初心者メニュー

    「無制限」の落とし穴
  5. 2014.03.01 | friendserver

    FriendServer(フレンドサーバー)のレビューと評価
  6. 2013.03.25 | コラム

    どんどん上がる海外サーバーのスペック
  7. 2011.06.09 | コラム

    夢を思い起こす質問
  8. 2011.06.08 | コラム

    欲求や欲望に流されない自制心を養うためのコツ
  9. 2011.06.07 | コラム

    自信を持てない人が自信をつくることが出来るきっかけ
  10. 2011.06.06 | コラム

    自己催眠で自我の強化を