ハイエンド日本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本ではノーマル的に月々約1,000円近くレンタルサーバー料金がかかってしまうのですが、それに対してアメリカのほうですと、なんと月々約500円程度という料金設定のところが多くありました。

半分近くあるこの差額に驚き、さらに機能やサービスなどを自分なりに色々と調べてみることにしました。

調べてみるとアメリカのレンタルサーバーは、容量も転送容量もデータベースもマルチドメインも殆ど制限というところがかなり多くありました。そしてホスティングサービスはPHP・Jアダルトムービーa・cgi・php・Python・Ruby などが利用可能ということでした。

それに対して、日本では○G、もしくは○MBの容量制限が当たり前という感じになっていました。ホスティングサービスは日本のものはハイエンドなサーバーやプランにしかその様な機能がついていませんでした。

またアメリカのホスティングサービスは無料ドメインやGoogle Adwords Creditsなどのサービスがありますが、日本はサービスしてくるコンテンツは殆どありませんでした。

サイト運営をする人にとって一番重視するポイントになっているのは、なんといっても安定性でしょう。何年もアメリカの人気レンタルサーバーを数箇所を利用している友人に話を聞いたところ、今まで問題になるようなことは一度もなかったという話を聞くことができました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


海外レンタルサーバーランキング


新着記事

  1. 2018.05.15 | コラム

    無料SSL証明書で誰でも簡単に常時SSL化ができる!
  2. 2015.03.05 | 初心者メニュー

    FUTOKA vs フレンドサーバー アダルト可サーバーの勝者は?
  3. 2014.08.07 | 裏技

    匿名ドメイン登録・サーバー登録で個人情報を隠してサイト運営したい。
  4. 2014.03.21 | 初心者メニュー

    「無制限」の落とし穴
  5. 2014.03.01 | friendserver

    FriendServer(フレンドサーバー)のレビューと評価
  6. 2013.03.25 | コラム

    どんどん上がる海外サーバーのスペック
  7. 2011.06.09 | コラム

    夢を思い起こす質問
  8. 2011.06.08 | コラム

    欲求や欲望に流されない自制心を養うためのコツ
  9. 2011.06.07 | コラム

    自信を持てない人が自信をつくることが出来るきっかけ
  10. 2011.06.06 | コラム

    自己催眠で自我の強化を