速さを身に着けるためには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

物事を成し遂げるスピードは人によって様々です。時間をかけてやることは誰にでもできます。同じ事を速く出来るということが技術やスキルといえるものではないでしょうか。

速度を上げるためには、経験を増やし知識をみにつけ、絶対量を増やす事によりそれが経験になり技能になります。最初はどんな人でも確かに無駄は多いものです。しかし慣れることで徐々にスピードが早まり技術が身に付いてきます。実践的なことをするのが、速さを身につけるにはいいでしょう。

では、速さを身に着けるためいくつかポイントを考えていきましょう。

基本的には目の前のことを処理することを最優先に行いましょう。そしてそれが有る程度落ち着いてきた所で、他の事を確認して順序を入れ替えて、また目の前にあるものの処理をすることに専念します。

目の前の処置に集中していると、他の締め切り等に気付く事ができない場合があります。そのため事前にアラートを仕掛けておくといいでしょう。そうすることで、常に目の前の処理に専念できる環境を作る事ができます。

同じ作業を繰り返し行うような判断する必要がないものは、フォームを作って迅速に処理できるように定型化しておくといいでしょう。機械やシステムに置き換えて任せることで、自分がすべきことにより集中することができます。 

また、完璧を求めず、仕事を仕上げるために、これ以上時間を割いてまで行う必要性があるかを考えるといいでしょう。それにより、多くのことに目を向け、処理をすることできます。

スピードを落とさないことを最優先して考えると、かならずといって雑になりがちになってしまいます。そこで道半ばで手直しを初めてしまうと、迷いがでてしまい余計にスピードが遅くなってしまいます。速さの最大の敵は迷いといっていいでしょう。あまり出来てない状況で悩むよりも、完成に近いものをカスタマイズする方が簡単で効率的です。

これを実践して速さを意識する事が出来ると思います。しかし矛盾している事になりますが、全てにおいて速度を求めてはいけません。どの物事に対し、速さを求め、効率的に行うかをしっかりと見定めなくてはいけません。中にはしっかりと考えながら時間を掛けて進める事が重要な事も多くあります。その判断を間違ってしまうと、取り返しの付かないことになりかねません。

それをしっかりと把握した上で、実践してみてはいかがでしょうか?

引用元記事(読んだものまとめブログ):

時間をかけてじっくりやることは誰にでもできます。ただ、速さを意識しない人はパフォーマンスが非常に悪いということを認識しなければなりません。ああでもないこうでもないと試行錯誤を繰り返している間に好機を逃して、時代遅れの答えに努力を重ねる結果になります。日進月歩の情報化が進んだ今の時代に学歴、資格、技術があっても『速さ』がないのは有る意味で致命的ともいえます。遅ければ何事も後手に回り、やるべきことが級数的に増えて手に負えなくなります。

引用元URL:
速さはすべてに勝る – 速さを身に着けるための5つのルール – 読んだものまとめブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


海外レンタルサーバーランキング


新着記事

  1. 2018.05.15 | コラム

    無料SSL証明書で誰でも簡単に常時SSL化ができる!
  2. 2015.03.05 | 初心者メニュー

    FUTOKA vs フレンドサーバー アダルト可サーバーの勝者は?
  3. 2014.08.07 | 裏技

    匿名ドメイン登録・サーバー登録で個人情報を隠してサイト運営したい。
  4. 2014.03.21 | 初心者メニュー

    「無制限」の落とし穴
  5. 2014.03.01 | friendserver

    FriendServer(フレンドサーバー)のレビューと評価
  6. 2013.03.25 | コラム

    どんどん上がる海外サーバーのスペック
  7. 2011.06.09 | コラム

    夢を思い起こす質問
  8. 2011.06.08 | コラム

    欲求や欲望に流されない自制心を養うためのコツ
  9. 2011.06.07 | コラム

    自信を持てない人が自信をつくることが出来るきっかけ
  10. 2011.06.06 | コラム

    自己催眠で自我の強化を