マンネリ化した自分を前進させるために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ゴールデンウィークの連休が明け、五月病で憂鬱な気分になってしまうという人も多くいる時期ではないでしょうか。マンネリ化した自分を全身させ、新たな気分で憂鬱になることなく前進する事が出来る方法を掲載している記事をご紹介したいと思います。

慎重であったり完璧を求めるあまり不安になり、さらに慎重になってしまうという状態を改善させるには、まず「動く」ことが大切です。動くことによって、失敗をする可能性も増えますが、それ以上にチャンスも増えるのです。

さらに動くことによって、不安を膨張させるマイナスな妄想を防ぎ、問題を克服するためにはどのような労力が必要なのかを実感として理解することができるようになります。

小さな積み重ねによって、今日よりも明日を進化させることができるようになります。マンネリから脱却するための第一歩はまずは動くということです。

会うたびにいい仕事をしている人はいつも生命力に溢れ、今の仕事にワクワクしています。

そういった人たちは直面する現実や不自由さを受け入れ、同時に危機感を持つことによって成長していきます。

そこにある苦労やストレスさえも成長の喜びとし、苦労と緊張感を楽しむことが出来るマインドがあれば、どんなに不利な状況であれ前進を続けることが出来ます。

苦労を楽しみながら乗り越える為のマインドと、その方法を身につけることが大切です。

ストレスは置かれている環境と自己の認識との間のギャップが広がるほど多く発生し問題を引き起こしがちになります。ストレスが発生したあとの対応は主に2つあります。

ひとつは、ストレスをもたらす原因から離れ、自分が受けた傷や負担を軽減し癒そうとする方向。

もうひとつは、ストレスの原因そのものに着目し、それを除去しようとする方向。

解決するためには原因そのものに着目し、自分がやりたくないことをやらなくてはいけません。

問題を解決するためには、自分の力で対決する以外に方法はないといっていいでしょう。

ストレスマネジメントは、その原因となる問題と向き合い、正面から受け入れることから始まります。

まんべんなく学ぶタイプは、管理や研究職に多く、試験に強いといいます。自分の興味や関心に沿って学ぶタイプは、企画系の仕事に多く、試験は苦手でも得意な分野では活躍をすることが多いといいます。

自分の得意な学び方をよく自覚することにより、不得意な方法にも挑んでみることが必要です。

学習スタイルを矯正して不得意を克服することによっては、今まで自分でも気がつかなかった力を発揮することができるようになります。

自分がやるべきと思うことは、自分の行動力に比例します。行動的イメージ力は、その人の行動の迅速性や的確性に影響するといいます。現実の行動に沿った動的イメージ力を養って迅速性を高める、直感力を磨くことが出来ます。

行動的イメージ力は、類推する力を高めて感性を磨くことによって得られます。類推は、その意思や欲求があってはじめて発揮できる力でもあります。自分が見えない世界を見ようとする意思と類推することによってイメージを感じ取り、より状況を理解して迅速で的確な行動へつなげることができるようになります。

ひらめき等の直感と論理的思考を使い分けずに、どちらかを偏重したり依存することは、人間の適応力や生存力を低下させてしまいます。

成長する人の特徴は、変化する環境への適応力があり、周囲に関心を持って自ら関わっていくことです。

体験することをためらわず、よいと思ったことをすぐに実行に移して、それを取り入れて自分のものとして活用します。直感と論理的思考をバランスよく使い分けることで、自分の適応性を向上させていく事が出来るのです。

失敗を何度も繰り返す人の原因は、その人の視野の偏りにあります。

問題となる部分がフレームから外れてしまい、見えていないことから失敗は起きてしまいます。

自分の視野の偏りを自覚し、意識してそれを変えてみる努力をすることにより、思考は深まり失敗の繰り返しを避けられるようになります。

仕事で必要な問題解決力や課題形成力は、集束力と発散力を複合的に働かせることにより形成されています。

この収束系の能力と発散系の能力を複合的に発揮するためには、他人と積極的に関わり合い、変化に対応していくことで成長していく事が出来るといいます。

日本人は失敗することから逃げたり、それを恥ずべきことと考えている人が多くいます。

自分の失敗を深刻に考えすぎず、失敗は当たり前という感覚を身につけることも必要です

失敗をしてもそれでも諦めない人たちだけが、成功していくのです。

このようにマンネリ化した自分をしっかりと自覚し、視野を変えて物事を考えることにより、まったく別の自分と別の世界が広がります。まずはとにかく動いてみることからはじめてみましょう。

引用元記事(ZDNet Japan):

毎日を活動的に生きて、自分の力を思う存分発揮したいという気持ちはある。モチベーションも下がっているわけではない。なのに、なんだか「最近マンネリ感がある」という人、あるいは「今の自分を変えたい」と思っている人はいるだろう。そこで今回は、自らに活を入れ、マンネリ化した自分を前進させるための方法を考えてみた。

引用元URL:
マンネリ化した自分を「前進」させるための10の方法 – ZDNet Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


海外レンタルサーバーランキング


新着記事

  1. 2018.05.15 | コラム

    無料SSL証明書で誰でも簡単に常時SSL化ができる!
  2. 2015.03.05 | 初心者メニュー

    FUTOKA vs フレンドサーバー アダルト可サーバーの勝者は?
  3. 2014.08.07 | 裏技

    匿名ドメイン登録・サーバー登録で個人情報を隠してサイト運営したい。
  4. 2014.03.21 | 初心者メニュー

    「無制限」の落とし穴
  5. 2014.03.01 | friendserver

    FriendServer(フレンドサーバー)のレビューと評価
  6. 2013.03.25 | コラム

    どんどん上がる海外サーバーのスペック
  7. 2011.06.09 | コラム

    夢を思い起こす質問
  8. 2011.06.08 | コラム

    欲求や欲望に流されない自制心を養うためのコツ
  9. 2011.06.07 | コラム

    自信を持てない人が自信をつくることが出来るきっかけ
  10. 2011.06.06 | コラム

    自己催眠で自我の強化を