わかりやすいピクサー流脚本の書き方講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アニメ制作会社 ピクサーのDVDソフトには、メイキング映像が特典として収録されています。トイ・ストーリー3のブルーレイ版にもその特典映像が付いていて、その中にある「脚本の書き方講座」が、映像をまじえ、ピクサーのトイ・ストーリーやファインディング・ニモ、Mr.インクレディブルを例にしながら、本作の脚本家が第1幕の作り方を順を追ってわかりやすく作られており、非常に興味深いものになっています。それを紹介している記事をご紹介したいと思います。

まずは前提としてハリウッドの娯楽映画の多くは、映画の全体の1/4が第1幕となり物事の発端に使われます。

1/2が第2幕となり、ここでは物語での葛藤に使われます。そして残りの1/4が第3幕となり解決になるという3幕構成で作られているということです。ピクサーの作品の場合は脚本がおおよそ100ページで、この3幕の配分は25P、50P、25Pに分かれているということです。

脚本作りで難しいのは結末でなく冒頭ということが言われています。まずは登場する主人公を見ている人にわかりやすく紹介します。そしてその主人公に目的を与え、好きな物、特徴づけるものを明らかにします。どのような状況設定なのか、大切なものはなにか、弱点はなにかを決めていきます。

主人公にとって大切なものを例に出すと、トイ・ストーリーに登場するウッディは自分の持ち主であるアンディ少年にあたります。ファインディング・ニモのマーリンは妻と子供。インクレディブルはスーパーヒーローの地位となっています。

大切なものを愛し過ぎてしまい、その執着が弱みとなっている弱点を例に出すと、トイ・ストーリーのウッディの場合はアンディのお気に入りであるための地位。ファインディング・ニモのマーリンは良い父親であるということ。インクレディブルではスーパーヒーローという仕事に誇りを持ちすぎることになっています。

その次には物語のキッカケに繋がる嵐雲を起こします。トイ・ストーリーのウッディの場合はアンディの誕生日に新しいオモチャがやってきます。ファインディング・ニモのマーリンの場合は危険なイソギンチャクの外に出るという事。インクレディブルではバディ・パインという熱狂的ファンの少年が登場する事になっています。

そして大切なものを失うというその後の展開で大きな出来事が起こります。トイ・ストーリーのウッディの場合はアンディのお気に入りの座を新しくやってきたバズ・ライトイヤーに奪われてしまうということ。ファインディング・ニモのマーリンの場合は自分の子どものニモがダイバーにさらわれてしまいます。インクレディブルの場合は社会的に糾弾されてしまい、ヒーローの地位を奪われてしまいます。

その後は不公平だと感じさせる出来事を起こすことにより、主人公に屈辱を与えます。トイ・ストーリーのウッデの場合は他のオモチャの前でバズが空を飛び注目を浴びるのに対し、旧式なウッディは恥をかき孤独感をあじわいます。ファインディング・ニモのマーリンの場合は屈辱というものが無く、自然界という不公平な場所での物語が展開されていきます。インクレディブルでは人助けをしたのに関わらず、犯罪者呼ばわりにされてしまい地味な職業に追いやられてしまいます。

そして2幕へ進む重要なポイントになるよう、主人公を岐路に立たせます。屈辱を受けた主人公は健全な道か無責任な選択のどちらかの選択を迫られます。健全な道を選ぶとそこで物語は終わってしまうので、必然的に無責任な選択に進み、その代償を支払う羽目になってしまいます。

トイ・ストーリーのウッディの場合はアンディお気に入りの引退するのではなく、バズを殺して、再びアンディのお気に入りに復帰するということです。その代償は仲間から見放され、バズを連れて帰るまで家に戻れなくなってしまいます。ファインディング・ニモのマーリンの場合は子供を信じて育てていくのではなく、 過保護に育てすぎるということです。その代償がニモがダイバーに連れ去られてしまいます。インクレディブルでは、 一般市民として平凡に生きるのはなく、 妻にウソをついてヒーロー活動を続けるということです。その代償は組織に目をつけられてしまい、大きな事件に巻き込まれてしまいす。

このように自社の作品を例に説明し、実に簡潔でわかりやすい脚本講座になっています。脚本等を書く人はもちろん大変参考になると思います。また脚本等一切関係ないという人でも、これらの事を頭に入れて見てみることにより、違った見方をする事ができ、より一層楽しむ事ができると思います。

引用元記事(Gamers, Be Ambitious):

『トイ・ストーリー』シリーズを始めとする数々の傑作でおなじみアニメ制作会社、ピクサー。この会社の作品のDVDソフトには、たいていピクサー社内における制作現場のメイキング映像が特典として収録されている。最新作『トイ・ストーリー3』のブルーレイ版にも豪華な特典映像がたっぷり付いていたが、その中のひとつ「脚本の書き方講座」が、映像をまじえてとてもわかりやすく作られており、非常に面白いものだった。

引用元URL:
ピクサーの「脚本の書き方講座」が素晴らしかった – Gamers, Be Ambitious

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


海外レンタルサーバーランキング


新着記事

  1. 2018.05.15 | コラム

    無料SSL証明書で誰でも簡単に常時SSL化ができる!
  2. 2015.03.05 | 初心者メニュー

    FUTOKA vs フレンドサーバー アダルト可サーバーの勝者は?
  3. 2014.08.07 | 裏技

    匿名ドメイン登録・サーバー登録で個人情報を隠してサイト運営したい。
  4. 2014.03.21 | 初心者メニュー

    「無制限」の落とし穴
  5. 2014.03.01 | friendserver

    FriendServer(フレンドサーバー)のレビューと評価
  6. 2013.03.25 | コラム

    どんどん上がる海外サーバーのスペック
  7. 2011.06.09 | コラム

    夢を思い起こす質問
  8. 2011.06.08 | コラム

    欲求や欲望に流されない自制心を養うためのコツ
  9. 2011.06.07 | コラム

    自信を持てない人が自信をつくることが出来るきっかけ
  10. 2011.06.06 | コラム

    自己催眠で自我の強化を